牛肉の「ウワミスジ」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

ミスジは知っているけど「ウワミスジ」って何?という方も多いと思います。

認知度は低くても「ミスジってつくくらいだから美味しいのでは」という期待してしまいますよね。

もちろんですがウワミスジも美味しい希少部位の1つ!

むしろミスジ以上に希少価値の高いレアな部位なのです。

ここでは謎に包まれたウワミスジの正体を明かし、美味しい食べ方、どんなお肉なのかも解説していきたいと思います。

読み終わるころにはついついお取り寄せサイトをチェックしてしまうかもしれませんよ。

牛肉のウワミスジとは?

お肉の位置 肩甲骨にあるミスジの上部分
種類 ウワミスジ
カロリー ※※※kcal
風味・味わい ミスジよりも脂肪が少なくさっぱりとした赤身の旨みが強い
栄養素 タンパク質・鉄分・カルニチンなど

ミスジは1頭の牛からたった2キログラムしか取れない希少部位ですが、ウワミスジは更に希少価値の高い部位です。

赤身なので栄養豊富でヘルシーなウワミスジ。

  • 美味しい赤身肉が食べたい!

  • なんだか体が重くてだるい…

そんな時におすすめできる部位がウワミスジと覚えておいてください。

かなり希少価値が高いので、特別なタイミングでいただくスペシャルディッシュとしてもおすすめですよ!

さて、ウワミスジはどんなお肉なのか、どう料理するのが美味しいのか、さらに詳しくみていきましょう。

ミスジ以上にセレブなお肉

ミスジも高級部位として有名ですが、ウワミスジはより希少価値の高い「超レア」なお肉です。

そのためあまり市場に流通することも少なく、お取り寄せしようと思っても限られた店舗でしか取り扱いがありません

スムーズに手に入れる・味わうなら、牛を一頭買いしているようなお店をチェックするのがおすすめです。

ウワミスジの美味しさを生かすなら焼き加減が重要

 
赤身肉はサシの入ったお肉以上にタンパク質が豊富です。

そのため、焼き加減がとても重要で、焼きすぎると硬くなってしまってせっかくの柔らかな肉質が台無し!

切り分けた際の厚みに合わせて焼き方も調節しましょう。

詳しくはこの後の調理法のところで解説していきます。

【ウワミスジを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

ウワミスジの特徴は旨みがたっぷり詰まった柔らかな赤身肉、というところです。

赤身ですが本当に柔らかく、小さなお子さんでも難なく美味しく食べられる部位なので、調理法次第で仕上がりは大きく左右されます!

おすすめのいただき方と合わせて調理時のコツも紹介するので、最後まで目を通してみてくださいね。

薄切りをレアに焼き上げて「焼肉」

素直に焼肉でいただく場合は、まずは薄めにカットしたものをレア焼き上げていただきましょう。

表面をさっとあぶる程度に焼くのがコツです。

塩でも美味しいですが、塩だれやワサビ+醤油、でも美味しいですよ。

厚めにカットして贅沢に「ステーキ」

 


ウワミスジのステーキ、とても贅沢な一品ですよね。

贅沢な一品だからこそしっかり味わうためには厚めにカットしたウワミスジに、ゆっくり火を通してあげましょう。

じっくり、ではなくゆっくり、というところがコツで、焼きすぎると台無しになってしまうので慎重に。

難しいと感じるなら焼き色を付けたウワミスジをアルミホイルで包んで余熱で火を通すのも良いですよ。

赤身の美味しいお肉こそ「ローストビーフ」

柔らかな赤身肉で作るローストビーフは最高です。

焼きすぎることが無いように気を付けて、是非ローストビーフも試してみてください。

柔らかな肉質と、旨みの詰まった赤身、醤油をベースにしたシンプルなソースとホースラディッシュでいただけば、きっと幸せになれるはず。

まとめ

ミスジ以上にヘルシーな赤身肉、「ウワミスジ」の魅力をお伝えしてきました。

脂肪が少なく栄養豊富で上質な赤身肉なので、ヘルシー志向の方にも罪悪感を感じることなく美味しく味わっていただける部位です。

お取り寄せで調べてみると実店舗で探すよりもスムーズに入手することができるので、次のイベントでぜひ楽しんでみてくださいね。

健康的な食生活をしているのに、これ以上ない幸せを感じさせてくれる美味しいお肉、それがウワミスジです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました