牛肉の「リブロース」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

リブロースといえば色々な希少価値が高級部位として知られる以前の、元祖高級部位の1つでしたよね。

食感・旨みともに最高で老若男女問わず幸せにしてくれる牛肉の部位でもあります。

栄養も豊富で美味しいとあっては見逃すわけにはいかない!ということで、リブロースの魅力について解説していきます。

豊富な栄養素のこと、そして美味しいリブロースを最高の状態で頂くのにおすすめの調理法やそのコツも紹介するので目を通してみてくださいね。

牛肉のリブロースとは?

お肉の位置 肩ロースとサーロインに挟まれたロース肉の真ん中の部分
種類 リブロース
カロリー 573kcal
風味・味わい 肉質・旨み・柔らかさ・脂の甘味がそろった元祖高級部位
栄養素 タンパク質・鉄分・ビタミンB群・カルニチンなど

リブロースは肩ロースとサーロインに挟まれた部分の肉で昔から焼肉店などでも高級な部位の1つとして知られていますよね。

柔らかく、キメが細かい肉質脂と赤身のバランスも良く旨みもしっかりと感じられ脂も適度にのっています。

リブロースは牛肉の中で最もバランスの良い美味しい部位

牛肉の美味しさを評価する項目として挙げられる、肉質(キメ)・柔らかさ・旨み・脂の甘さ、そしてサシの入った断面の美しさのどれもが平均以上

リブロースは旨みもあって柔らかいので老若男女に親しまれやすく「美味しい!」と好まれている部位です。

良いものを食べようという日のスペシャルメニューの一品としても、お世話になっている方への贈答品としてもつかわれることが多いですね。

リブロースで元気できれいな毎日

 
牛肉は太る!と避けていらっしゃる方もいるかもしれません。

リブロースに限らず、特に牛肉の赤身肉はバランスよく大事な栄養素がたっぷり含まれているのです。

疲れをとる・お肌の調子を整える効果のあるビタミンB群や、ダイエットにも効果を発揮してくれるカルニチンは代謝も良くしてくれます。

筋肉をつける・皮膚や髪を作るのに必要なたんぱく質も豊富なので、太ると敬遠するよりも毎日適度に取りたい食品です。

【リブロースを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

柔らかく見た目もきれいで美味しいリブロースを最高の状態で食べたい!

そんな時におすすめのレシピや作り方のコツなど簡単に紹介していきます。

参考にして美味しいリブロースで幸せホルモンをしっかり分泌してくださいね。

さっと焼いてすき焼き風に「焼きすき」

美味しいお肉で食べるからこそ、こんな贅沢をしてみるのもおすすめです。

さっと焼いたリブロースすき焼きの割り下と卵に絡めて頬張ってみましょう。

コツはリブロースを焼きすぎないこと。割り下も甘くしすぎず、さっぱり目に仕上げておくのが脂身の甘味も感じられておすすめです。

自宅だからこそ贅沢に楽しめる「ステーキサンド」

 

高級店で注文しようと思うと高すぎて手が出ないこともありますが、自宅なら可能ですよね?!

好みの焼き加減で焼いて、シンプルに醤油+ガーリックでソースを作り贅沢に挟んでみましょう。

柔らかいリブロースだからこそ、こんなにドカっと挟んでも安心です。

ガッツリニンニク&バターで「ステーキ」

たっぷりの肉汁、あるれる旨み、豪快な見た目と疲れたときこそ目が欲しくなってしまうステーキはいかがでしょうか。

「肉を食べたい!」と思ったときに目の前に出てきたら嬉しい一品ですよね!

実は疲れたときこそ食べてほしいのが牛肉なのです。

脳が欲したら本能に従って、たっぷり美味しい牛肉でパワーをチャージしておきましょう。

まとめ

栄養豊富、美味しさも申し分なしと悪いところが見当たらないリブロースについて紹介してきました。

疲れたときには疲れをとって元気をチャージしてくれ、お肌の調子も整えて体作りにも一役買ってくれるリブロース。

肉好きのあなた、美味しいものを食べてきれいになりたいあなたにこそ食べてほしい食材です。

ちょっと贅沢したいな、と思ったその時にも気軽に手に入れることができるのもリブロースも魅力なので、是非紹介したレシピも試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました