牛肉の「サーロイン」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

ステーキといえば「サーロイン」という方も多いでしょう。

言わずと知れた有名な美味しい部位ですね。

美しい霜降りをみて心躍らされてしまうのもサーロイン。

脂乗りが良い部位だからカロリーも高いのかと考えてしまいますが、実はそうでもない。

栄養も豊富なサーロインについて、美味しく食べる方法も含めて詳しくみていきましょう。

サーロインというとステーキで!と思ってしまいますが、特徴を知ればステーキ以外の美味しい食べ方も試したくなってしまいますよ。

牛肉のサーロインとは?

お肉の位置 背中の後半部分
種類 サーロイン
カロリー 238kcal
風味・味わい 柔らかく肉のうまみと脂の甘味が堪能できる
栄養素 タンパク質・鉄分・ビタミンB群など

言わずと知れた牛肉の王様的部位「サーロイン」。

和牛と輸入牛でカロリーもかなり変わってしまいますが、ここでは輸入牛を指標として記載しています。
(ちなみに和牛になると180kcalほどUPします)

ビタミンB群は美容健康に積極的に摂取しておきたい栄養素ですよね。

体を作るたんぱく質も豊富鉄分も豊富と美味しいだけではなく元気に生活する為にもオススメの食材です。

美味しすぎて王様が称号付与!サーロインはやっぱり美味しい!

サーロインの「sir(サー)」は貴族を表す言葉。

昔サーロインを食べた王様が、「これはうまい!称号を与えよう!」ということで「ロイン」という部位に「サー」が付いて「サーロイン」となったのだとか。

王様が思わず称号を付けるほど、美味しい食材を今では一般家庭でも食べられるというのはなんだか嬉しいエピソードですね。

運動量が少ないからこそ脂がのって美味しいサーロイン

 
人間でも運動して鍛えていないと脂肪が付きます。

脂肪ばかりでも美味しいお肉にはなりませんが、サーロインは背中のお尻に向かう後半部分のお肉

運動量が少ないため脂の乗りが良く、柔らかいお肉になるのです。

【サーロインを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

柔らかな肉の間から脂がじゅわーと出てくるからこそ美味しいサーロイン。

最高の状態でいただくなら、加熱の仕方がポイントになります。

王道のステーキを含め、美味しい食べ方を紹介します。

【焼き方ポイントあり!】レストランさながらのステーキを焼いてみよう


サーロインで美味しいステーキを焼き上げるためにはいくつかのコツがあります。

  1. お肉を常温に戻しておく(冷凍なら一度パーシャルで解凍する)
  2. 温めたフライパンで片面を1分ほど焼き焼き色が付いたら裏返して1分
  3. 裏返しを頻繁にせず1度で決める!

もちろん中まで火を通すためにはお肉の厚みも関係してきます。

サーロインは脂乗りも良いので厚切りにはしないほうが美味しく最後まで堪能できてオススメですよ。

紹介したコツを踏まえて美味しいサーロインステーキを堪能してください!

付け合わせの野菜も一緒に焼くと肉のうまみも染みて美味しくなります。

その場合は先に野菜に火を通してサーロインを投入することもコツです。

輸入牛の方が美味しく作れる?!「ローストビーフ」

 


ローストビーフをサーロインで作る場合、赤身比率の高い輸入牛がおすすめです。
(温かいうちに食べる場合には和牛で美味しくいただけます!)

焼く直前に塩コショウをしてなじませたら、表面はカリカリになるくらいしっかりと焼き色を付けましょう。

焼きあがったらアルミホイルに包んで15分以上休ませて

サーロインの旨みを堪能できるさっぱりした醤油系のソースにホースラディッシュを添えると、美味しくいただけます。

たまには美味しい牛肉で「サーロイン寿司」


寿司といえば魚ですが柔らかく見た目もきれいなサーロインはお寿司にしても映えます。

ローストビーフを握っても良いですが、薄めにスライスして軽くあぶって握ってみましょう。

トロッとしたサーロインの食感がたまらない逸品になりますよ。

まとめ

サーロインというとやっぱり外せないステーキも、コツを抑えればより美味しくなります!

ローストビーフやお寿司にしたり、もっと素敵な食べ方で楽しめば牛肉の王様「サーロイン」はより魅力的な食材になりますね。

疲れたとき、貧血気味の時、元気がない時など心身共に元気にしてくれる牛肉。

もっと気軽に楽しめるように、色々な食べ方で楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました