牛肉の「ランプ」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

「ヘルシーだけど美味しいお肉ってないの?」
「希少部位は高いからお財布にも優しい美味しい部位が知りたい…」

そんな皆様の希望をしっかり叶えてくれるのが「ランプ」です。

柔らかで脂の少ないヘルシーかつ食べやすい最高の庶民の味方

庶民の味方とはいっても普段使いするようなお肉ではないので、ご褒美ディナーやパーティーメニューにもおすすめです。

ここではそんなランプ肉の魅力、特徴を生かした美味しい食べ方や調理時のコツもあわせて紹介しています。

お腹が減りすぎないように気を付けて読み進めてみてください。

牛肉のランプとは?

お肉の位置 臀部からモモにかけての部分
種類 ランプ
カロリー 234kcal
風味・味わい 濃厚な赤身の旨みとあっさりした脂の美味しさが堪能できる
栄養素 タンパク質・鉄分・ビタミンB群・ミネラルなど

赤身がちですが程よい霜降りも入り、柔らかでなめらかな肉質で食べやすい「ランプ」。

最高ランクのA5でも気軽に頂けるくらい、上質な部分の割にリーズナブルな庶民の味方でもあります。

ランプの別名はまるで別の動物?!

お肉には複数の呼び名がつけられていることが多いですが、ランプにも別名が2つあります。

そのうちの一つは「ラムイチ」。もう一つが「ラム」なのです。

え?ラムって言われたラム肉しか想像しないけど!?という方も多いですよね。

牛肉一筋のお店で「ラム」の表記を見かけたら一応確認してみましょう。

ランプの肉質はまさに最上級のソレ

 
ランプは赤身と霜降りのバランスが秀逸なお肉。

赤身の部分の肉質も最高で、きめ細かな赤身肉は柔らかく、なめらかです。

せっかくランプを自宅で調理するなら、この肉質も最大限いかした調理法でいただいてみてください。

【ランプを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

ヒレ肉よりも低価格で入手できるのに、脂肪は少なく肉質はとても良いランプ。

ダイエット中の方のたんぱく質源、鉄分補給源としてもおすすめです。

ここではランプ肉の特徴を生かした美味しい食べ方と調理のコツを紹介していきます。

ランプだからできる赤身なのに柔らかな「ステーキ」

ランプの特徴的なその肉質を最大限生かして、柔らかなステーキを食べてみませんか?

柔らかく筋のないランプは下処理の筋切りも不要

焼く直前に塩を振り温めたフライパンにランプ肉を投入、程よい脂感が欲しい時にはバターを使ってソテーしましょう。

ヘルシーでちょっと贅沢気分が楽しめる「ビーフシチュー」

 

ブロック肉を入手できたら是非チャレンジしていただきたいのが、ビーフシチューです。

じっくり弱火でコトコト煮込めば、柔らかくほろっとした美味しいランプ肉が入ったビーフシチューの出来上がりです。

見た目もゴージャスなのでパーティーメニューにもおすすめです。

厚切りでも柔らかだからできる「ビフカツサンド」


厚切りのビフカツがサンドされたサンドイッチ、想像だけで口の中が洪水になってしまいますよね。。。

ランプは厚切りでも柔らかいので、しっかり厚切りにカットしたランプを美味しいビフカツにして贅沢に挟みましょう。

パーティーシーズンの1皿に、一口サイズにカットしてピンチョス風にお皿にのせても素敵な光景です。

まとめ

ランプ肉は程よい霜降りが入りますが、基本は赤身のヘルシーなお肉です。

赤身ならではの旨みはたっぷり、脂はあっさりしているので健康維持のためにもオススメできる食材です。

硬いお肉は嫌いだけど和牛のように脂乗りが良いのも苦手…

そんなあなたに是非食べてほしいランプ肉、比較的入手も簡単で精肉店などで手に入れることもできますよ。

ここで紹介した美味しい食べ方も参考に、健康的で美味しい食卓を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました