牛肉の「リブロース芯」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

リブロースは知ってるけど「リブロース芯」ってどこ?という方は多いと思います。

リブロースの一部、一頭からわずかしか取れない美味しくて希少価値の高いリブロース芯。

その美味しさを知っていただくべく、その特徴と最高の状態でいただくのにおすすめの調理法も紹介します。

職場でチェックしていただいているあなたは、お腹が鳴らないように気を付けて先に進んでくださいね。

牛肉のリブロース芯とは?

お肉の位置 リブロースの真ん中「芯」の部分
種類 リブロース芯
カロリー 573kcal
風味・味わい リブロースの中でも最もバランスの良い上品で旨みの濃い部位
栄養素 タンパク質・鉄分・ビタミンB群・カルニチンなど

リブロースの中でも中心部分、いわゆる芯の部分がリブロース芯です。

英名では「ribeye roll」となっているので、もしかしたらこちらの方が知名度があるかもしれませんね。

リブロースの中でも最も上品で旨みの濃い部位、なので一度食べれば病みつきになってしまうかもしれませんよ。

※カロリーはリブロース芯ではなく、総称のリブロースとして計算されたものなので、赤身がちなリブロース芯ではカロリーはかなり低くなるかもしれません。

リブロースの中で最もバランスの取れた美味しい肉「リブロース芯」

リブロースはサーロインと肩ロースの間の部位の総称です。

そのため「リブロース」といってもどの部分なのかで脂乗りも味わいも異なります

リブロース芯はリブロースの中心部分、赤身の美味しさもあり脂ものっているけれどしつこくなく上品、肉質も柔らかくきめ細やか

脂っこいということもなく程よい脂乗りで柔らかいので、「最近脂っこいのが受け付けない…」という方でも美味しく食べられるお肉ですよ。

リブロース芯は上等なギフトとしてもおすすめ

 
リブロース芯は脂乗りが良いリブロースの一部ではありますが、中でも脂身の少ない上質な赤身が堪能できる部位です。

もちろんサシもはいっていますが、さっぱりとしながらも旨みの濃い部位なので通にも好まれます。

「グルメなあの人に上質なギフトを贈りたい!」そんな時にも安心してお使い物にできる部位です。

【リブロース芯を美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

濃厚な旨みと上質な肉質を生かした「リブロース芯」だからこそおすすめの調理法をまとめて紹介します。

美味しくいただくコツもあわせてお伝えするので参考にしてみてくださいね。

リブロース芯の塊をGETできたら是非食べてほしい「ローストビーフ」

リブロース芯はきめ細かく柔らかい肉質も魅力の一つです。

だからじっくり時間をかけたローストビーフが出来上がったらぜひ、贅沢に厚切りで堪能してみてください。

定番のホースラディッシュも忘れずに。

シンプルなソースとホースラディッシュでリブロース芯の美味しさを楽しみましょう。

レア目に焼き上げて塩と山葵で「焼肉」

 

焼肉はリブロース芯で是非楽しみたい一品。

上品な脂の甘味をしっかりと楽しめるように、ここはタレよりもまずは塩と山葵でいただいてみましょう。

もちろんたれもあいますから、両方用意して順番に食べ比べ…素敵な食事風景の出来上がりです。

贅沢かつ豪快に焼き上げて「ステーキ」

リブロース芯の柔らかな肉質は、豪快に焼き上げたステーキでも生かせます。

しっかり焼けば肉のうまみがギューッと詰まった豪快な一品、たっぷりのニンニクを添えて楽しみましょう。

レア目に焼き上げて上品に豪華なディナーとして楽しむなら、あっさりした肉のうまみを生かせるソースを添えて。

あなたならどちらが好みでしょうか。

まとめ

リブロースの中でも上質なバランスの良い高級部位、リブロース芯を紹介してきました。

美味しそうな画像でついついお腹が鳴ってしまった方もいるかもしれません。

リブロース芯はお肉屋さんでも扱っていますが、手に入れられない時にはお取り寄せでも入手可能です。

ぜひ「最近頑張りすぎた自分にご褒美だぞー!」「結婚記念日だから♪」などいつもと違うディナーに東条させてみてください。

あなたも牛肉マニアデビューしてしまうかもしれない魅惑のリブロース芯、しっかり堪能してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました