牛肉の「ロース」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

ロース 牛肉の部位
ロース

牛肉の美味しさを存分に楽しめる牛ロースについて解説していきます。

見た目も美しいサシの入った甘みのある肉のうまみ、柔らかく肉本来のうまみが堪能できる赤身。

どちらの美味しさも楽しませてくれる牛ロースは栄養も豊富で健康面でも積極的に食べていただきたい食材です。

失敗しやすいローストビーフを簡単にジューシーで柔らかく仕上げるコツをはじめ、焼肉・煮込みのワンポイントも紹介しています。

肩ロース・リブロースそれぞれの栄養素や特徴も踏まえ美味しく調理するためのコツも参考にしてみてくださいね。

牛肉のロースとは?

ロース

お肉の位置 肩から腰にかけての背肉の部分
種類 肩ロース, リブロース
カロリー 251kcal
風味・味わい 脂身の部分は甘く、赤身は柔らかく旨みのある部位
栄養素 タンパク質・鉄分・タウリン・オレイン酸など

ロースト(焼く)するのに適している部位」という事から「ロース」(和製英語)と呼ばれるようになったのが由来。

肩ロース・リブロースと2種類の部位で販売されていますが、「柔らかく肉のうまみが味わえる部位」を好む人に受けが良いでしょう。

赤身の部分はタンパク質・鉄分、脂身の部分には血管を丈夫にしたり血圧を下げる効果のあるオレイン酸・タウリンも含まれています。

味・肉質・栄養面のどの方面からも優れた部位ということになりますね。

柔らかく赤身が多めの肩ロース

肩ロースは煮込み料理やステーキにすると美味しい、脂身よりも赤身の多い柔らかい肉質になっています。

赤身本来のおいしさを堪能したいなら、シンプルにステーキがおすすめですが柔らかさを生かすために「焼きすぎない」ことも大切です。

豊富に含まれるたんぱく質の消化吸収をサポートしてくれる玉ねぎ・大根おろしを一緒にいただくのをおすすめします。

ステーキのように切り分ける料理のときには焼いてすぐ切ると肉汁が出てしまい美味しくなくなるので「少し休ませてから切り分ける」のがコツというのも覚えておきましょう。

柔らかく脂身が多いリブロース

リブロースは肩よりお尻側によった部分のため運動量の少ない部位で、甘みのある脂できれいなサシが入りしゃぶしゃぶやローストビーフにすると最高です。

脂身がリブロースの美味しさでもありますが、さっとお湯や出汁でくぐらせて頂けば脂も落ちてさっぱりといただけます。

【牛ロースを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

リブロース、肩ロースそれぞれの美味しさを生かせる焼肉・煮込み・ローストビーフの調理のポイントを紹介します。

簡単なコツさえ覚えておけば、パーティーメニューにも最適な豪華なメイン料理を失敗なしで仕上げられますよ。

シンプルに「焼肉」

 

View this post on Instagram

 

Yasufuk3さん(@yasufukusan)がシェアした投稿

焼肉でロース肉を楽しむなら、脂身のおいしさだけではなく柔らかい肉質も生かすために「焼きすぎない」ことが大切です。

ロース肉の美味しさを堪能できる「塩+わさび」でいただく他、「大根おろし+ポン酢」でいただくのもおすすめなので試してみてくださいね。

味が染み込む牛ロース煮込み

ロース肉で作る煮込みは、柔らかくほろほろの食感と肉のうまみが感じられて最高です。

焼く時とは違い、煮込み料理で美味しく仕上げるには「弱火でコトコト時間をかける」事です。

そうすることで肉の繊維が柔らかくなり、味もしみこみます。

圧力なべを使ったり、ストーブなどの煮込み料理に適した鍋を使うのもおすすめです。

家でも簡単に作れるローストビーフ

 

View this post on Instagram

 

@ut2222がシェアした投稿

ローストビーフは作り方次第で高級レストランのような仕上がりも夢ではありません。

肉の重量の1%を目安に肉に擦り込み、焼く前に常温に戻すのがコツです。

焼き加減は表面に焼き色がつく頃が目安ですが、焼きながら横から確認するのがおすすめです。

焼けた後ローストする際、肉をジップロックなどの袋にいれしっかり空気を抜き、熱湯と一緒に炊飯器の保温モードで35分ほど放置すると失敗もなく楽にきれいな仕上がりになりますよ。

仕上げに室温で30分ほど放置して肉汁を肉になじませてから切り分けるとジューシーで柔らかなローストビーフになります。

まとめ

鉄分・タンパク質も豊富に含み、健康・美容の面でも注目されている牛ロース肉について解説してきました。

牛ロースのおいしさを堪能できる手軽な焼肉をはじめ、パーティーなどでもお勧めのローストビーフ、寒い日に心から温まる煮込みのコツもぜひ参考にしてみてください。

肉好きな男性のみならず、老若男女すべての方にとって美味しく健康を届けてくれる牛ロース肉。

食卓をより豊かにしてくれる一品にして楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました