牛肉の「インサイドスカート」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

『牛肉はとにかく「旨み」と「コク」のあるのがうまいんだ!』

そう考えているあなたならきっと一度食べればはまってしまう「インサイドスカート」について解説していきます。

インサイドスカートは知名度はあまり高くないので初耳という方も多いのではないでしょうか。

だからこそ肉通としては知っておきたいお肉です。

肉通を名乗るなら是非食べておきたい希少部位インサイドスカートについて、特徴も踏まえ美味しく食べる方法まで一挙に紹介していきます!

牛肉のインサイドスカートとは?

お肉の位置 バラ肉の内側・横隔膜の横の部分
種類 インサイドスカート
カロリー ※※※kcal
風味・味わい ザクザクした繊維質な部位ならではの食感、濃い旨み・濃厚なコクが楽しめる
栄養素 タンパク質・鉄分・ビタミンB群など

インサイドスカートは知名度は低いですが、サシの入った肉よりも赤身の方が好きという人ならきっと気に入ってしまう希少部位。

特徴的な食感と、濃厚なまでの旨み・コクは一度食べたら忘れられません。

ホルモンの1つであるハラミ、そして脂乗りのよいバラ肉、この2つの良いとこどりをしたような贅沢な部位なのです。

インサイドスカートの名前の由来

インサイドスカートは和名がありません。

意味がありそうな名前ですがアメリカのカットの規格がそのまま部位名として定着したのだそうです。

お店によっては「ウチハラミ」「ウチバラ」という呼び名で提供されていることもあります。

美味しく食べるなら焼きすぎずに柔らかいうちがベスト

 
インサイドスカートは繊維質なザクザクとした食感ですが十分噛み切ることができる柔らかな肉質も特徴です。

ただし焼きすぎると肉が締まって硬くなってしまうので、レアに焼き上げて表面がカリッとしたらすぐに頬張ると最高!

中から旨みたっぷりの肉汁が口いっぱいに広がりますよ。

【インサイドスカートを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

インサイドスカートはバラ肉とハラミの良いところを併せ持つ、肉好きにはたまらないお肉です。

希少なので手に入れるのは簡単ではないかもしれません。

だからこそ最高に美味しい状態で食べる為の方法を紹介します。

やっぱりこれは見逃せない!シンプルに楽しむなら「焼肉」


焼肉で楽しむのはインサイドスカートを語るのに外せないでしょう。

バラ肉の特徴もあるので、網焼きで無駄な脂は落としつつ、最高の状態に焼き上げて頬張ってみてください。

あくまでも焼きすぎないように

表面をカリッとさせたらすぐに網から引き揚げて、いただいてみてください。

おすすめは塩・醤油などシンプルな味付けですが、もちろんタレでも美味しいので食べ比べしても面白いですね。

ちょっと贅沢な「ステーキ」

 


インサイドスカートを手に入れることができたなら、贅沢にステーキでいただいてみてはどうでしょう。

その際は美味しく焼き上げるためにも「しっかり肉を常温に戻す」ということも忘れずに!

ニンニク・塩・コショウでシンプルかつ豪快な味付けで楽しんでみてください。

焼いてそのまま食べるだけじゃもったいない?!「ステーキサンド」


肉汁あふれるインサイドスカートを美味しく食べつくすなら、ステーキサンドもおすすめです。

肉のうまみを引き立ててより旨みを堪能できるように、パンはしっかりトーストしてみましょう。

醤油ベースのタレで味付けして挟めば、最高に幸せな瞬間がまっていますよ!

まとめ

ここまで読んでいただいて、インサイドスカートが食べたくてすでにお取り寄せサイトを調べた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしもなかなか手に入らないことが続くなら、一頭買いで提供している焼肉店などを探していただくとスムーズに味わっていただくこともできますよ。

精肉店では一般的に取り扱いのある部位ではないので、自宅で楽しむなら取り寄せがおすすめです。

ここを読んでいただいているあなたはきっと肉好きですよね?

是非希少価値の高いインサイドスカート、一度は堪能してみてください。

きっと新たな肉好きの道が開けますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました