牛肉の「クリ」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

癖の少ない牛肉の中では珍しく少々の癖があり通に好まれる「クリ」、どんなお肉かご存知ですか?

別名「くりみ」「ウデサンカク」「しゃくし」とも呼ばれます。

運動量の多い部位なので脂質も少なく味も濃い

クリはヘルシー志向の方でも、肉好きなあなたにもおすすめのお肉です!

どんな肉質なのか、どんな味なのか、おすすめの調理法や名前の由来など紹介します。

癖があって美味しくヘルシー、そんなクリを存分に堪能してみてくださいね!

牛肉のクリとは?

お肉の位置 肩から前足の上部分のミスジと隣接したところ
種類 クリ
カロリー ***kcal
風味・味わい 牛肉には珍しく癖があり旨みが濃く筋肉質で独特の食感が楽しめる
栄養素 タンパク質・鉄分・カルニチンなど

可愛らしい名前の由来は部位の形状が「」に似ていることからきています。

味わい、食感ともに独特なのものがあり認知度も低めの希少部位です。

旨みが濃く独特な食感が楽しめる部位

牛はその体系から前足に体重がかかります。

そのため肩から前足の上部分にあるクリは、運動量が多く堅さもある部位。

よく動くことでひきしまった肉質は、たんぱく質も豊富に含み旨みが強い!!

ゼラチン質も多いのでスープや煮込み料理にしても美味しく、カルパッチョのように薄くスライスしても肉の旨みを堪能できる万能な部位でもあるのです。

独特な食感の正体は噛み応えと歯切れの良さ

 
相反する食感のようにも感じますが、クリの魅力は独特の食感にもあります。

歯切れは良いのに噛み応えもある!

そのため煮込みや薄切りにせず、あえての厚切りで焼肉にするのもクリならではのおすすめの食べ方。

詳しくは次の調理法のところで解説します。

【クリを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

希少でマニアに好まれるクリは一般的な認知度はまだまだ低いです。

そのため入手できたとしても調理法がわからないと手を出すことすらあきらめてしまう方も多いでしょう。

でも…それではもったいない!魅力満載のクリを楽しんでいただくためのおすすめの調理法を紹介します。

クリの魅力を最大限にシンプルに味わうなら「厚切りで焼肉」

まずはシンプルに厚切りで網の上で焼いてみましょう。

濃厚な旨み赤身の味を堪能するべく、おすすめはです。

癖が気になるなら山葵も追加してみましょう。

ゼラチン質が溶け込んだ肌にも嬉しい美味しさ「スープ」

 

寒い時期など体の芯から温まり、豊富なゼラチン質が溶け込んだほろっと美味しい牛のスープは最高ですよね。

味付けはシンプルなものもいいですが、変わり種的にビーフシチューなどでも格別です。

じっくり煮込んで旨みを体の中から堪能しましょう!

特別なディナーにもオシャレで美味しい「カルパッチョ」


クリのきれいな赤身はカルパッチョにしても鮮やかに映えます。

見栄えも素晴らしいのでホームパーティや特別な日の一品にも手軽なのにオシャレで最適ですよね。

シンプルに塩・オリーブオイル・ガーリックチップもオススメですが、バジルや大葉・画像のようにパクチーやベビーリーフを合わせてみましょう。

パルミジャーノで華を添えたら、ピンクペッパーやレインボーペッパーを飾ってもいいですね。

まとめ

名前のかわいらしさとは裏腹に、ジビエにも近いような希少な牛肉の部位「クリ」の魅力は伝わりましたか?

濃厚な旨み、歯切れは良いのに噛み応えがあり、脂質は少ないクリ肉好きにもヘルシー志向の方にもおすすめの食材です。

「しゃくし」「ウデさんかく」などの別名で掲載されることも多いので合わせて覚えておいてくださいね。

焼肉ならぜひ厚切りで、栄養も豊富な健康食ともいえるクリの美味しさを口いっぱいに頬張ればきっと明日も頑張れるはずです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました