牛肉の「サンカク」ってどんな部位?特徴や位置・美味しい食べ方を解説!

牛肉の部位

脂身と赤身が同時に味わえ、脂身の甘味がたまらないバラ肉の中心的存在「サンカク

焼肉屋さんでは「特上カルビ」として提供されていることも多い部位です。

霜降りもありつつ赤身の部分もあり、味も見た目も一級品なサンカクを美味しく調理するコツやレシピも含めて、サンカクの魅力をご紹介していきます。

大きな牛一頭から、なんと2枚しか取れないというとても希少な部位!

一見お肉とは思わないような名前ですが、その由来も解説しています。

見たらきっと…「早く焼肉屋に行って”サンカク2人前!”って注文したい!」と思ってしまうはず…ですよ?

牛肉のサンカクとは?

お肉の位置 肩バラ肉の一部であばら骨の前1/3程度の部位
種類 サンカク
カロリー 517kcal
風味・味わい 程よいサシが入り柔らかく甘み強く感じられる部位
栄養素 タンパク質・パントテン酸・鉄分・葉酸など

よく動かす肩の部分にありますが、バラ肉なので脂身の美味しさを十分に堪能できる柔らかく甘みの強い部位です。

焼肉屋さんでは「サンカク」として提供しているお店も最近は増えてきていますが、「特上カルビ」として供されているケースも多くあります。

「三角バラ」「チャックリブ」という名前で呼ばれることもありますよ。

500kg以上王ある牛でも1頭当たり2枚しか取れない超!希少部位

「サンカク」という名前の由来はこの部位を切り取る時、第一肋骨~第六肋骨の間を三角形に切り取るため、見た目からついた

大きな体の牛ですが、サンカクは牛一頭からたったの2枚しか取れません

希少な部位なのでなかなかスーパーなどでサンカク単品で売られているのは目にすることもありませんね。

一頭買いをしているようなお肉屋さんなどでは取り扱いがあることもありますが、取扱のある焼肉屋さんに行くのが一番楽です。

カロリーは高いが栄養も豊富

 
サシの入った上質な部位となればカロリーも気になりますが、牛肉の中で最も高い517kcal/100gとなっています。

糖質・脂質の代謝にかかわるパントテン酸や、女性には特に嬉しい鉄分・葉酸、体を作るタンパク質も豊富な食材です。

食べすぎも禁物ですが、太るからとむやみに避けるのはもったいない高級部位ですね。

【牛サンカクを美味しく食べる方法】おすすめ調理法やレシピを紹介

とても希少な高級部位のサンカクだからこそ、調理するなら最高の状態で食べていただきたい!

ということでサンカクだからこそ食べ方、そして調理時のコツを紹介します。

ちょうど良い焼き色を付けてサンカクの美味しさを堪能「焼肉」

焼肉は希少部位であるサンカクを味わうのに、最適な手段でもあります。

サンカクを取り扱っているお店が多くないこと、そして調理方法としても最適だからというのがその理由です。

網にのせて焼いている間の香りも幸せになれるサンカクで、体も心も満たされましょう。

鮮度が命!山葵との相性も最高「握り寿司」

 


見てください、この輝きを!

肉が好き、寿司が好きなあなたにこそ食べていただきたい逸品です。

家で作るなら山葵と岩塩でシンプル上品にいただくのもおすすめですが、ホースラディッシュと醤油ダレでいただくのも良いですよ。

シンプルかつ贅沢にステーキでサンカクを味わう


希少部位のサンカクをシンプルに贅沢に堪能できるのがステーキです。

焼きすぎに注意して、最高の甘味・コクを堪能してください。

ガーリックと塩でシンプルにいただくのも美味しいですが、やはりここでも甘みを最大限に生かせる塩とわさびもおすすめです。

まとめ

牛肉の中でもトップクラスにサシが入った希少な高級部位、サンカクについて紹介してきました。

家でもいただける調理法を紹介しましたが、サンカクを手に入れるなら一頭買いをしているような店舗もしくはお取り寄せがおすすめです。

甘みの強い特上カルビとしても供されるサンカク、そのおいしさをしっかりと堪能して甘味の余韻に浸りましょう。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました